体の内側からUVケアで紫外線を防ぐ生活を

体をさびつかせる紫外線。

その影響を抑えてくれるのが抗酸化物質です

多く含む食材を積極的に食べて、内側からも守りを固めましょう。

抗酸化物質で「食べるUVケア」を

紫外線の影響から肌を守るには、食べ物での「内側からのUVケア」も有効です。

紫外線を浴びると、体内では「活性酸素」が発生します。

活性酸素は酸素が変化したもので、細胞や組織を「さびさせてしまう」物質です。

活性酸素が増えるとシワやシミだけでなく、動脈硬化の原因になることもあります。

このような活性酸素の影響から肌や体を守ってくれるのが、「抗酸化物質」です。

主なものに、β-力ロテン、ビタミンC、E、ポリフェノールなどがあります。

単品で食べるより、いくつか合わせてとるほうが効果が高まります。

日頃から積極的にとるように意識しましょう。

日焼け後はすぐに冷やして水分補給を

いくら日頃から紫外線対策をしていても、アウトドアでレジャーを楽しめば、日焼けが避けられないときもあります。

日焼け後、肌がヒリヒリしてきたら、できるだけ早く、冷やしたタオルで冷やしましょう。

体が脱水状態になっているので、水分をたっぷりとることも大切です。

赤みがおさまったら、化粧水や乳液で保湿します。

美白効果のあるビタミンC誘導体配合のものを使ってもよいでしょう。

また、日焼け後にも抗酸化物質をとれば、紫外線による肌への影響を抑えてくれます。

紫外線を大量に浴びた後は免疫力も低下しているので、バランスのよい食事をとり、十分に体を休めてください。

力ラフルな食材を積極的にとろう

南国のフルーツが、カラフルなのは、紫外線の影響を抑えてくれる、抗酸化物質がたっぷり含まれているからです。

また、トマトやほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野も抗酸化物質を多く含みます。

「色鮮やかさ」を食材選びの目安にするとよいですね。

シミができやすくなる食べ物もあるので注意!

レモンやオレンジなどの柑橋類や、パセリ、セロリ、キュウリなどに含まれる「ソラレン」という物質は、紫外線への感受性を高め、シミをできやすくします。

外出などで日に当たる前には食べないようにします。

夕食でとるとよいでしょう。

黒ずみクリームの値段

様々な方法のUVケアで365日紫外線から身を守る

UVケアは夏だけのものではありません。

服を着るのと同じように、「あたりまえのもの」として、1年間の暮らしの中に取り入れましょう。

毎日の積み重ねが10年後、20年後の美肌をつくる

紫外線は季節や時間帯によって量に違いはありますが、一年中、天候にかかわらず降り注いでいます。

紫外線の影響を避けられるのは、太陽の沈んだ後、夜の時間帯のみです。

また、窓ガラスを通して室内に入ってきたり、道路から照り返したりなど、あらゆる方向から影響を及ぼします。

100%ガードすることは不可能といっていいぐらいですが、日焼け止めや服装、食事などできるだけ紫外線を防ぐことが大切です。

面倒に思えるかもしれませんが、日々UVケアに気を遣っていれば、10年後、20年後に必ず肌が違ってきます。

あらゆる方向から降り注ぐ紫外線は小物類でカット

まず日焼け止めは、特別なケアでなく、服を着るのと同じあたりまえのケアととらえてください。

さらに、日傘、帽子、サングラス、スカーフなど、小物類で、紫外線を防御しましょう。

日傘や帽子、スカーフは、白よりは黒や紺など濃い色のほうが紫外線を通しません。

UVカット効果のあるものも市販されているので、ぜひ使ってください。

サングラスはUV効果があり、まわりから紫外線が入らないように、顔にフィットする形状を選びます。

服も、肌をできるだけ出さないものを選びましょう。

夏でも、上に羽織れる長袖をl枚、持ち歩きましょう。

豊富な日焼け止めの種類は用途に合わせて使い分けて

日焼け止めには顔用、ボディ用があるほか、化粧下地として使えるタイプ、ファンデーション、パウダー、シート、スプレー、リップクリームなど、さまざまな形状のものが発売されています。

用途や目的に合わせて使い分けます。

また、汗をかく季節や水辺では、ウォータープルーフを使います。

紫外線から肌を守る日焼け止めを使う

UVケアに欠かせないのが日焼け止め。

朝のスキンケアのひとつとして、必ず塗るようにしましょう。

また、こまめに塗り直すことも大切です。

天候、室内外にかかわらず毎日塗ることが大切

UVケアの第一は日焼け止めです。

肌への刺激を心配する人も多いのですが、最近の日焼け止めは肌への負担が少ないので、あまり気にしなくてOKです。

ですが、まず守ってほしいのは、日焼け止めは毎日の習慣にして毎日欠かさず使用するという事です。

例えば雨の日や、室内であればUVケアをしなくていいというわけではありませんし、長袖など肌が出ない服を着ていれば紫外線は通さないというのも間違いですので注意しましょう!

また。生理前は黄体ホルモンの影響で体中にシミができやすくなっています。

ですのでそんな時期には、日焼け止めを厚めに塗る、UV効果のあるファンデーションを重ねて塗るなどしていつもより手厚くケアして紫外線対策を行っていきましょう。

生理の時に限らず妊娠中や、ピルを飲んでいるときでも同様に気を付けた方が良いので、そういったタイミングでも手を抜かないように心がけましょう!

「塗りっぱなし」は禁物!こまめに塗り直しをして紫外線対策を

日焼け止めに書かれたSPFやPAの数値は日焼け止めの効果の持続時間を示すものですが、実際にはその通りではありません。

なぜなら肌に塗る量や汗の量、肌質などでも効果は変わり、紫外線カット力に差が出るからです。

数値だけにこだわるのではなく、きちんと2~3時間ごとに塗り直して行くなどして紫外線対策をしていきましょう。

また、メイクをする場合には、保湿ケア製品を使った後に日焼け止めを塗り、ファンデーションをその上から重ねます。

この時UV効果のあるファンデーションを使用するとさらに効果がアップするのでおすすめです。

そして日焼け止めを塗り直すときは、本当であればメイクを全部落とすのが理想ですが、それは現実的にむずかしいので、メイク直しの際にパウダーファンデーションを重ねづけするだけでもUVケアの効果はあります。

日焼け止め選びの目安

日焼け止めは生活シーンに合わせて、効果の低いものと高いものを使い分けます。

ただし、こまめに変えるのはたいへんという人は、ずっと同じものでもOKです。

その場合は高い数値の日焼け止めを選んで塗るようにしましょう。

また、最近、紫外線防止効果測定基準の改定が行われ、最高ランクのPA++++の日焼け止めも発売されています。

肌だけでなく全身に影響する紫外線による病気

紫外線は、日焼けやシミだけでなく、皮膚ガンや目の病気を引き起こすこともあります。

その怖い影響について知っておきましょう。

紫外線が細胞を傷つけ皮膚ガンに発展

紫外線を大量に浴びた結果、日焼けだけで済まず、命にもかかわる病気を招いてしまうことがあります。

それが皮膚ガンです。

紫外線により、細胞内の核(遺伝子)が傷つくことが原因です。

もちろん体内には、傷ついた遺伝子を修復するシステムが備わっています。

ですが、繰り返し長期にわたって紫外線を浴び続けると、遺伝子の修復がうまくいかなくなることがあります。

遺伝子が壊れたままで細胞分裂していくと、異常な刺胞がどんどん増えてしまいます。

これが皮膚ガンの原因です。

皮膚ガンを防ぐためには、若いうちからの紫外線対策がとても大切です

長時間の紫外線は白内障などの原因にも

紫外線は目の病気の原因になる場合もあります。

お年寄りに多い「白内障」や「黄斑変性症」は、黒目の部分にある水晶体に、紫外線が長い期間にわたって当たり続けたことが原因とされます。

また、スキー場、海などで目に紫外線を大量に浴びると、「雪目」といわれる、角膜のやけどを負ってしまいます。

目が充血し、痛み、まぶしさ、涙などの症状を引き起こします。

紫外線の強い場所では、サングラス、ゴーグルなどを必ずつけましょう。

このように、美容だけでなく全身の健康のためにも、紫外線の影響から身を守ることが重要なのです。

美肌の常識~サングラスが美白に効く!~

紫外線から目を守るためにかけるサングラス。

実は、シミや日焼けを防いでくれる効果もあるのです。

肌が紫外線にさらされるとメラニン色素が、つくられますが、それ以外に、自に光が入ってまぶしさを感じただけでも、「メラニン色素をつくれ」と、脳
が指令を出すのです。

ですからサングラスは、uv効果のあるもので、かつ、よく光を遮断するものを選ぶとよいでしよう。

紫外線から肌を守る紫外線ケア

美しく健やかな肌を保つために、もっとも大切なのがUVケア。

紫外線は日中なら、いつでもあらゆるところから降り注ぎます。

365日毎日防御しましょう

美肌の最大の「敵」は紫外線!

紫外線から肌を守るために、欠かせないのがUVケアです。

紫外線の影響として、まず日焼けやシミがあげられます。

日焼けして色が黒くなるのは、表皮でつくられるメラニン色素の働きです。

紫外線を浴びると、表皮ではメラニン色素が大量につくられます。

まるで日傘のように細胞を覆い、紫外線を吸収して、表皮の細胞や細胞核を守るのです。

その後メラニン色素はターンオーバーによってはがれ、皮膚の色は元に戻ります。

ただし、ターンオーバーがうまくいかなかったり、常に紫外線を浴びていると、肌に残ってしまいます。

それがシミです。

真皮に達し「光老化」を引き起こす

紫外線は、老化の原因でもあります。

波長の長さによって、A波、B波、C波の3つに分けられます。

このうち、波長の長いA波は真皮まで達し、コラーゲンなどを破壊して、シワ、たるみを引き起こします。

また、皮膚を厚く硬くしたり、くすみ、ガサガサ、肌の老化の原因になることもあります。

これらの紫外線による老化現象が「光老化」です。

「日焼けしても元に戻る」と油断していると、取り返しのつかない事態をまねいてしまいます。

ですから、毎日のUVケアが欠かせないのです。

美肌の常識「日焼け」の2つの種類

A波の影響!即時型色素沈着

日を長く浴びた後、皮膚が赤くならず、すぐに黒く変わります。

浴び続けると黒さが増していき、シミの原因になることもあります。

このような日焼けはA波によって引き起こされるものです。

即時型色素沈着が起こる時間は、浴びてから約2~4時間後といわれています。

B波の影響!遅延型色素沈着

日を長く浴びた後、赤く腫れ、ひどいときは水ぶくれのようになりす。

これは「サンバーン」と呼ばれる状態で、4~7日目ぐらいに赤みがひいて皮膚が黒くなります。

これを「サンタン」と呼びます。

サンバーン、サンタンの2段階で皮膚が黒くなる日焼けはB波の影響です。

肌の悩みに合わせてクリーム・美容液を使う

肌に栄養を与えてくれる、クリームや美容液。

保湿や美白、エイジングケアなど、肌の悩みに合わせて、有効成分が含まれているものを選びましょう。

クリームは肌の表面にフタをして水分や成分を閉じ込める

乳液よりさらに油分が高いクリームは、美容成分や水分を肌の内側に閉じ込めるフタのような役割をするので、基本は乳液の後に使います。

また、クリームにはさまざまな種類があります。

保湿にはセラミド、美白にはビタミンC誘導体、アンチエイジングにはレテノールやポリフェノールなどの成分が配合されているクリームがおすすめです。

目的や肌の悩みに合わせて選びましょう。

デリケートで、もっとも年齢の影響を受けやすい目元に使うアイクリームや、よく動かすためにシワができやすい首まわりに使うネッククリームもあります。

気になり始めたら、必要に応じて使いましょう。

クリームは全体に塗ることが大切!ベタついたらティッシュオフ

クリームにも肌によい成分が含まれているので、顔全体になじませて使います。

目元やシワ、シミの気になる部分など、悩みのある部分には重ねづけしてもかまいません。

ただし、乳液と同じくつけすぎるとニキビの原因になるので、つけた後ベタベタする部分は、ティッシュでやさしくぬぐいましょう。

化粧水の前に使う美容液もある

肌のための成分をギュッと濃縮しているのが美容液です。

化粧水の前に使う美容液もあれば、クリームの前に使うものもあるので、その化粧品の説明書通りの順番で使いましょう。

効果が異なる美容液を2種類以上使う場合は、油分の少ないものを先に、油分のあるものを後にします。

アイクリームなど部分づけのタイプは最後にします。

使用感の重たいタイプよりは、サラッと軽いものがおすすめです。

ベタベタしたタイプの美容液には増粘剤が多く含まれ、それが肌荒れのもとになることもあるからです。

メーカー独自の成分もあるので、わからないものはお店で聞きましょう。

美容液選びはぜひ最新のものを試してみて

美容液に配合されている成分はメーカーによってもさまざまで、しかも、毎年新しいものが発表されます。

どれを選ぶというよりは、新製品が、出たら試してみるぐらいのつもりでよいでしょう。

毎回変えても構いません。

もちろん、合っているなと思うものを継続的に使うのもよいでしょう。

油分を補って乾燥から守る乳液の使い方

油分を補う乳液は、水分を閉じ込めるだけでなく、クレンジングやマッサージなど、万能に使えるアイテムです。

スキンケアの主役として活用を

肌をガードする乳液UVカットしてくれるものも

クレンジングや洗顔で皮脂が失われた肌に、油分を補うのが乳液の役割。

肌にフタをして、水分や保湿成分が蒸発するのもガードします。

用途によって、種類はさまざまです。

保温効果の高いセラミドなどの成分が含まれたもの、肌色を明るく見せるティント乳液、日焼け止めを兼ねたUVカット乳液、また、化粧水の前に使って、化粧水や美容液の浸透を高めるブースター乳液などもあります。

使用感(テクスチャー)もいろいろあります。

ベタつきが苦手という人は、サラサラとしたテクスチャーのものを選ぶとよいでしょう。

乳液は万能アイテムもっと活用して

乳液の後に塗るクリームも、油分を補って、肌にフタをするものなので、「乳液は何のために使うの?」という疑問も多いようです。

乳液は化粧水で補った水分を保つ役割があります。

一方のクリームは、夜~朝まで、肌を乾燥から守ります。

そして、実は乳液は、万能アイテムでもあるのです。

肌すべりがよいので、マッサージにも使えますし、メイクを落とす力も多少あるので、化粧直しにも使えます。

アイメイクがにじんできたら、ちょこちょこっと乳液で落として、メイクし直せばよいのです。

ポイントメイクリムーバーを使うより、乾燥しづらく、肌への刺激も少ないのでおすすめです。

試供品などをバッグに入れておくと便利です。

乳液は皮脂の多い部分には塗らなくてもOK

もともと皮脂が多い部分に乳液を塗りすぎると、油分が過剰になり、二キビの原因になることがあります。

顔全体に塗る必要はないので、Tゾーンや小鼻のまわりなど、皮脂の多い部分は省略します。

全体に塗った後に、皮脂の多い部分だけティッシュでやさしくぬぐって、塗りすぎた乳液を減らしてあげてもよいでしよう。

肌にうるおいをもたらす化粧水のつけ方

スキンケアのベースとなるのが、化粧水。

たっぷり使って、すみずみまでうるおいを届けましょう。

コットンパックもおすすめです。

洗顔後すぐに化粧水で水分を補って

クレンジングや洗顔によって失われた水分を補うのが化粧水です。

この後、美容液などをつける際に、成分を肌の奥に届けるための、通り道をつくってくれる役割もあります。

お風呂上がりの肌がしっとりしていることからもわかるように、水分だけでも肌はうるおいますが、時間がたつにつれ、どんどん蒸発して、乾燥してしまいます。

保湿成分が配合されている化粧水なら、肌に浸透して、うるおいを保ってくれるのです。

洗顔後はどんどん肌から水分が失われていくので、化粧水はすぐにつけてください。

90秒以内が目安です。

コットンより手でつけるほうがベター

悩む人が多いのが、手でそのままつけるか、コットンを使うか、ということです。

肌にやさしいのは、手でつけるのに勝るものはありません。

また、手でふれながら肌の状態がチェックでき、手の熱で肌が温まって、血行をよくしてくれます。

手に取った化粧水をそのままつけられるので、化粧水をムダにしないというメリットもあります。

ただ、手でつけるとどうしても、細かいところを塗りそびれてしまいます。

その点コットンは、すみずみまで化粧水を届けることができます。

ただし、ケバ立った繊維が肌を傷つけてしまう恐れがあるので、使う場合は、コットンに化粧水をたっぷりと含ませて、こすらないようにやさしく肌の上をすべらせて。

たたくような強すぎるパッティングはよくありません。

赤ら顔やシミの原因になるので避けましょう。

まずは保湿を目的とした化粧水を選んで

化粧水の基本成分は水、アルコール、グリセリンなどの保湿成分と、香りをよくするための香料などです。

そのほかにもビタミンC誘導体やアミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、グリセリンなど、保湿効果の高い成分が配合されているものもあります。

また、保湿を目的とした一般的な化粧水以外にも、白くハリのある肌をつくる「美白化粧水」、乱れたキメを整え肌を引き締める「収れん化粧水」、洗顔後の肌をなめらかに整える「プレ化粧水」、洗顔後に残っている汚れを落とす「ふき取り化粧水」などさまざまな種類があります。

まずは一般的なものを使いながら肌の調子を見ていき、それから後は、肌の悩みに応じて、必要なものを追加していくとよいでしょう。