体の内側からUVケアで紫外線を防ぐ生活を

体をさびつかせる紫外線。

その影響を抑えてくれるのが抗酸化物質です

多く含む食材を積極的に食べて、内側からも守りを固めましょう。

抗酸化物質で「食べるUVケア」を

紫外線の影響から肌を守るには、食べ物での「内側からのUVケア」も有効です。

紫外線を浴びると、体内では「活性酸素」が発生します。

活性酸素は酸素が変化したもので、細胞や組織を「さびさせてしまう」物質です。

活性酸素が増えるとシワやシミだけでなく、動脈硬化の原因になることもあります。

このような活性酸素の影響から肌や体を守ってくれるのが、「抗酸化物質」です。

主なものに、β-力ロテン、ビタミンC、E、ポリフェノールなどがあります。

単品で食べるより、いくつか合わせてとるほうが効果が高まります。

日頃から積極的にとるように意識しましょう。

日焼け後はすぐに冷やして水分補給を

いくら日頃から紫外線対策をしていても、アウトドアでレジャーを楽しめば、日焼けが避けられないときもあります。

日焼け後、肌がヒリヒリしてきたら、できるだけ早く、冷やしたタオルで冷やしましょう。

体が脱水状態になっているので、水分をたっぷりとることも大切です。

赤みがおさまったら、化粧水や乳液で保湿します。

美白効果のあるビタミンC誘導体配合のものを使ってもよいでしょう。

また、日焼け後にも抗酸化物質をとれば、紫外線による肌への影響を抑えてくれます。

紫外線を大量に浴びた後は免疫力も低下しているので、バランスのよい食事をとり、十分に体を休めてください。

力ラフルな食材を積極的にとろう

南国のフルーツが、カラフルなのは、紫外線の影響を抑えてくれる、抗酸化物質がたっぷり含まれているからです。

また、トマトやほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野も抗酸化物質を多く含みます。

「色鮮やかさ」を食材選びの目安にするとよいですね。

シミができやすくなる食べ物もあるので注意!

レモンやオレンジなどの柑橋類や、パセリ、セロリ、キュウリなどに含まれる「ソラレン」という物質は、紫外線への感受性を高め、シミをできやすくします。

外出などで日に当たる前には食べないようにします。

夕食でとるとよいでしょう。

黒ずみクリームの値段