肌だけでなく全身に影響する紫外線による病気

紫外線は、日焼けやシミだけでなく、皮膚ガンや目の病気を引き起こすこともあります。

その怖い影響について知っておきましょう。

紫外線が細胞を傷つけ皮膚ガンに発展

紫外線を大量に浴びた結果、日焼けだけで済まず、命にもかかわる病気を招いてしまうことがあります。

それが皮膚ガンです。

紫外線により、細胞内の核(遺伝子)が傷つくことが原因です。

もちろん体内には、傷ついた遺伝子を修復するシステムが備わっています。

ですが、繰り返し長期にわたって紫外線を浴び続けると、遺伝子の修復がうまくいかなくなることがあります。

遺伝子が壊れたままで細胞分裂していくと、異常な刺胞がどんどん増えてしまいます。

これが皮膚ガンの原因です。

皮膚ガンを防ぐためには、若いうちからの紫外線対策がとても大切です

長時間の紫外線は白内障などの原因にも

紫外線は目の病気の原因になる場合もあります。

お年寄りに多い「白内障」や「黄斑変性症」は、黒目の部分にある水晶体に、紫外線が長い期間にわたって当たり続けたことが原因とされます。

また、スキー場、海などで目に紫外線を大量に浴びると、「雪目」といわれる、角膜のやけどを負ってしまいます。

目が充血し、痛み、まぶしさ、涙などの症状を引き起こします。

紫外線の強い場所では、サングラス、ゴーグルなどを必ずつけましょう。

このように、美容だけでなく全身の健康のためにも、紫外線の影響から身を守ることが重要なのです。

美肌の常識~サングラスが美白に効く!~

紫外線から目を守るためにかけるサングラス。

実は、シミや日焼けを防いでくれる効果もあるのです。

肌が紫外線にさらされるとメラニン色素が、つくられますが、それ以外に、自に光が入ってまぶしさを感じただけでも、「メラニン色素をつくれ」と、脳
が指令を出すのです。

ですからサングラスは、uv効果のあるもので、かつ、よく光を遮断するものを選ぶとよいでしよう。