肌の悩みに合わせてクリーム・美容液を使う

肌に栄養を与えてくれる、クリームや美容液。

保湿や美白、エイジングケアなど、肌の悩みに合わせて、有効成分が含まれているものを選びましょう。

クリームは肌の表面にフタをして水分や成分を閉じ込める

乳液よりさらに油分が高いクリームは、美容成分や水分を肌の内側に閉じ込めるフタのような役割をするので、基本は乳液の後に使います。

また、クリームにはさまざまな種類があります。

保湿にはセラミド、美白にはビタミンC誘導体、アンチエイジングにはレテノールやポリフェノールなどの成分が配合されているクリームがおすすめです。

目的や肌の悩みに合わせて選びましょう。

デリケートで、もっとも年齢の影響を受けやすい目元に使うアイクリームや、よく動かすためにシワができやすい首まわりに使うネッククリームもあります。

気になり始めたら、必要に応じて使いましょう。

クリームは全体に塗ることが大切!ベタついたらティッシュオフ

クリームにも肌によい成分が含まれているので、顔全体になじませて使います。

目元やシワ、シミの気になる部分など、悩みのある部分には重ねづけしてもかまいません。

ただし、乳液と同じくつけすぎるとニキビの原因になるので、つけた後ベタベタする部分は、ティッシュでやさしくぬぐいましょう。

化粧水の前に使う美容液もある

肌のための成分をギュッと濃縮しているのが美容液です。

化粧水の前に使う美容液もあれば、クリームの前に使うものもあるので、その化粧品の説明書通りの順番で使いましょう。

効果が異なる美容液を2種類以上使う場合は、油分の少ないものを先に、油分のあるものを後にします。

アイクリームなど部分づけのタイプは最後にします。

使用感の重たいタイプよりは、サラッと軽いものがおすすめです。

ベタベタしたタイプの美容液には増粘剤が多く含まれ、それが肌荒れのもとになることもあるからです。

メーカー独自の成分もあるので、わからないものはお店で聞きましょう。

美容液選びはぜひ最新のものを試してみて

美容液に配合されている成分はメーカーによってもさまざまで、しかも、毎年新しいものが発表されます。

どれを選ぶというよりは、新製品が、出たら試してみるぐらいのつもりでよいでしょう。

毎回変えても構いません。

もちろん、合っているなと思うものを継続的に使うのもよいでしょう。